朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)7週35話ネタバレあらすじ:裕一は小山田耕三に会う


朝ドラエール』第7週「夢の新婚生活」第35話は、古山裕一は、自分をコロンブスレコードの専属作曲家に推薦してくれたのが、著名な作曲家の小山田耕三だと知りました。

そして、裕一は小山田耕三に偶然会い、話しかけます。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第7週35話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第7週35話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

裕一(窪田正孝)の契約が小山田(志村けん)からの推薦で決まったことを知った裕一は、ある日サロンで偶然見かけた小山田に意を決して話しかけるが、あらためて自分がまだ曲を出せていない現実に直面する。

早く結果を出さないと小山田の顔に泥をぬることになると、とりつかれたように仕事に没頭する裕一。

一方、音(二階堂ふみ)は音楽学校の記念公演「椿姫」の主役選考会にチャレンジする…。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)35話 裕一は小山田耕三に会う

 

古山裕一は、曲を書いても書いてもレコードに採用されません!

 

さすがに全く採用されないので、焦っています。

 

音楽的にすばらしくても、「売れる曲」となるとかんたんにはいかないものなのですね。

 

ヒット曲の法則は時代により変化しているのですが、今でもそれについての考察はよくあります。

 

例えば、「ゲスの極み乙女」のボーカルの川谷絵音さんやプロデューサーでベーシストの亀田誠治さんも考察しています。

 

 

 

裕一にも、的確なアドバイスをしてくれる人がいれば、今すぐにでもヒット曲をかけるようになるのではないでしょうか。

 

その役目はディレクターの廿日市誉が担わないといけないと思うのですが、ここまで裕一が追い詰められているところを見ると、全くアドバイスはないようです。

 

偉い人には頭が上がらないのに、なんかいけ好かない・・

 

その廿日市が頭が上がらない筆頭の人は、小山田耕三です。

 

志村けんさんが演じていらっしゃいますよね。

 

関連記事

朝ドラ『エール』に志村けんさんが出演されます。 志村けんさんが出演される放送回はいつでしょうか? また、志村けんさんが演じる「日本歌曲の父・山田耕筰」は、どんな人物だったのでしょうか? さらに、志村けんさんと音楽につい[…]

志村けん画像

 

その小山田耕三の推薦で、裕一はコロンブスレコードの専属作曲家になりました。

 

それを知った裕一は、コロンブスレコードのサロンで小山田耕三を見かけ、話しかけます。

 

引っ込み思案の裕一が声をかけるなんて、かなり頑張ったと思います。

 

その裕一に、小山田耕三はどんな声をかけてくれたのでしょうか。

 

裕一はまだレコードを出せていないので、小山田耕三にそのレコードを差し出すことができません。

 

自分の追い詰められた状態を改めて思い知ることになったのではないかと思います。

 

追い詰められたら、いい曲は書けないような気がしますけど、大丈夫なのか心配です。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!