朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)8週40話ネタバレあらすじ:裕一は紺碧の空を書き上げる


朝ドラエール』第8週「紺碧の空(こんぺきのそら)」第40話は、古山裕一は、田中隆が「早稲田の応援に掛ける思い」を聞きます。

その思いに感銘を受け、ついに裕一は「紺碧の空」を完成させます。

そして、その曲が披露される早慶戦へ、裕一と音はでかけていきます。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第8週40話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第8週40話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

早稲田大学の応援団長(三浦貴大)から、早稲田を応援する気持ちをなぜ持ち続けられるのか、その想いを聞いた裕一(窪田正孝)は、自分が音楽をはじめた頃の気持ちを取り戻して、応援歌「紺碧の空」の作曲に取り組む。

あっという間に曲を書きあげる。

今や売れっ子になった木枯(野田洋次郎)に、もう一度頑張ってみると話す裕一。

そして、いよいよ早慶戦の当日。裕一は音(二階堂ふみ)と一緒に野球場で応援する。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)40話 裕一は紺碧の空を書き上げる

 

古山裕一は、早稲田大学応援団団長の田中隆から、「なぜ自分が早稲田を応援し続けるのか」を聞きます。

 

田中隆には、早稲田を応援し続ける強い理由がありました。

 

ネタバレですが・・・

 

 

 

それは、故郷の幼馴染と関係していました。

 

田中隆は子供時代から野球をやっていました。

 

田中隆の幼馴染は野球が得意だったのですが、田中が変な場所に球を投げたため、足を取られ怪我をしてしまいました。

 

結局幼馴染は野球を諦めました。

 

田中隆は、自分のせいだと責めます。

 

幼馴染になにかできるかと言うと、「早稲田を勝たせてくれ」と言われました。

 

それは、「ラジオで早稲田が勝ったのを聞くと嬉しいから」ということでした。

 

そのため、田中隆は、幼馴染のために、早稲田を応援し続けているのです。

 

その田中隆の思いを聞き、古山裕一は心を動かされました。

 

そして、古山裕一は、一気に曲をかきあげました!

 

裕一が曲をつけた「紺碧の空」は、早慶戦で披露され、早稲田を勝利に導きました。

 

・・と、田中隆は信じてくれました。

 

裕一は、この「紺碧の空」で、じぶんのためでなく「誰かのために」作曲すること、そして音楽に心を動かされたことを思い出しました。

 

思い返してみれば、母のまさは、裕一が音楽で苦しむと言っていましたよね。

 

 

まさは、裕一が音楽で苦しむことはわかっていましたが、それを乗り越えていくことは予見していませんでした。

 

裕一は、音楽の苦しみを乗り越えることができたようです。

 

次はレコードを出して、福島の人たちに早く聞いてもらえるようになってほしいです。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しす。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!