朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)10週46話ネタバレあらすじ:鉄男は新聞社を辞めて上京する


朝ドラエール』第10週「響きあう夢」第46話は、村野鉄男は「福島行進曲」が発売されたことをキッカケに、上京してきました。

作詞家になるという夢を叶えるためです。

これで東京に、古山裕一、佐藤久志、村野鉄男の3人が揃いました。

「福島三羽ガラス」が始動です。

 

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第10週46話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第10週46話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

音楽学校の記念公演に向けて、「椿姫」の稽古がはじまった。

千鶴子(小南満佑子)と主役あらそいの末に選ばれた音(二階堂ふみ)は、双浦環(柴咲コウ)から自分に足りない技術を死ぬ気で磨くように激励される。

ある日、古山家に鉄男(中村蒼)が訪れる。

裕一(窪田正孝)と一緒に「福島行進曲」をつくった鉄男は、作詞家になる夢をかなえるために、思い切って新聞社の仕事を辞めて福島から上京してきたのだ。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)46話 鉄男は新聞社を辞めて上京する

 

村野鉄男は、最愛の人、希穗子との恋に破れてしまいました。

 

鉄男も、希穗子も、相手を思いやる優しい気持ちの結果の破局だったと思います。

 

傍から見ていると、どうにかならないのか!?と思いますが、こればっかりは本人たちの気持ちなので、どうしようもなりませんでした。

 

エール希穗子役入山法子画像

 

たぶん希穗子との別れがきっかけになったと思いますが、村野鉄男が夢を叶えるために上京してきます。

 

裕一も、久志も大喜びしたことでしょう。

 

失恋って、大きな原動力のひとつになりますよね。

 

かつて裕一もそうでしたよね。

 

国際作曲コンクールに応募したのは、もと同級生の志津に失恋したからでした。

 

志津は、そもそも嫌な女だったので、失恋して正解でしたが、裕一は見ている私が思っている以上にショックを受けていたようでした。

 

まあ、告白した直後に、高笑いされて騙していたと告白されれば、どんな相手でもショックですよね。

 

 

 

村野鉄男が失恋したのは、心優しい素敵な女性だったので、裕一のケースとは大きく違います。

 

鉄男にとっても、希穗子にとっても、忘れられない恋になることでしょう。

 

どこかで再会して、うまくいくことはないのかなあ。切ない・・。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しす。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!