朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)11週55話ネタバレあらすじ:浩二は三郎の真意を聞く


朝ドラエール』第11週「家族のうた」第55話は、体調が悪い三郎は、浩二に自分の気持ちを話します。

浩二は、三郎の気持ちを聞いてどんなふうに思うのでしょうか?

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第11週55話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第11週55話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

浩二(佐久本宝)は、養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)を再び訪ねる。

畠山は浩二の資料がよく調べられていたと話し、素直な返事をしてくれる。

一方、三郎(唐沢寿明)は、浩二(佐久本宝)に大事な話があると、二 人で話をする。そして、裕一(窪田正孝)は、三郎のためにハーモニカを聞かせようとするのだが…。

その後、裕一と音(二階堂ふみ)は、久しぶりに権藤茂兵衛(風間杜夫)を訪ねるのだった。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)55話 浩二は三郎の真意を聞く

 

裕一の父の三郎の容態は良くなく、悪化の一途をたどっていました。

 

とはいえ、浩二は、いつもどおりに役所の仕事で養蚕農家の畠山を訪ねていました。

 

前回訪ねた時には、養蚕からリンゴ栽培への転換に良い返事はありませんでしたが、浩二の誠実な仕事ぶりを見て、提案を受け入れてくれました。

 

浩二が作った事業転換の資料に感心したからでした。

 

思い返すと、浩二は三郎に何回も「喜代一」の事業転換を提案していました。

 

結局三郎から受け入れてもらうことはありませんでしたが、そのときの資料作成が、今の仕事に活かせたのではないかと思います。

 

 

仕事で結果を出せた浩二は、少し晴れやかな気持ちになれたのではないかと思います。

 

三郎はすでに自分の死期を察していたのでしょう、その浩二に、三郎は話をします。

 

浩二は、三郎の自分に対する本当の気持ちを知ることができて、きっと嬉しい気持ちになると思います。

 

三郎も、病気が重くなってからではなくて、元気なときに言ってあげれば、よかったのになあ。

 

裕一に対しても、浩二がトゲトゲした態度を取ることもなかったのではないかなあ。

 

 

 

それにしても、三郎さんは、すっとんきょうな行動が多かったですが、妻からも息子たちからもずーっと 愛されて、幸せでしたね。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しす。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!