朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)13週63話ネタバレあらすじ:御手洗先生が小山家に来る


朝ドラエール』第13週「スター発掘オーディション!」第63話は、音のミュージックティーチャーの御手洗清太郎が、突然上京し、古山家に現れます。

久志になにかアドバイスをくれるのでしょうか。

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第13週63話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第13週63話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

久志(山崎育三郎)は、裕一(窪田正孝)にすすめられた「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディションに応募する気満々。

トップクラスの成績で音楽学校を卒業したのにもかかわらず、4年たっていまだ歌手としてデビューできていない親友の久志がチャンスをつかむ事ができるように、裕一は作曲そっちのけでおせっかいを焼いていた。

そんなある日、音の声楽の先生、御手洗先生(古川雄大)が突然古山家に現れる!

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)63話 御手洗先生が小山家に来る

 

佐藤久志は、音楽学校をトップクラスの成績で卒業したのに、4年経ってもオペラ歌手としてデビューできていません。

 

世の中はそんなに甘くないということなのでしょうか。

 

それとも、”イケメンへのやっかみ”とかなのでしょうか?

 

ともかく、久志は卒業後4年経ってもデビューできず、今回のコロンブスレコードの専属歌手オーディションはチャンスとも言えました。

 

そのため、佐藤久志がチャンスを掴めるように、古山裕一はいろいろと世話を焼いていました。

 

ただ、久志としては、オペラ歌手としてデビューしたいのではないかと思います。

 

コロンブスレコードの専属歌手となると、流行歌の歌手ですよね。

 

4年間デビューできないのですから、贅沢なことは言えないかもしれませんが、久志的には、なにか”思うこと”があるような気がします。

 

当然ながら、裕一は、久志の気持ちを察することはできていないのではないでしょうか・・・

 

さて、そんな状況の中、豊橋から御手洗ミュージックティーチャーが古山家にやってきます。

 

御手洗ミュージックティーチャーは、裕一には、自分の気持ちを素直に話していましたよね。

 

今とそんなに変わっていないかもしれないけれど、その当時の「男らしくしろ」圧力は、ひどいものでした。

 

男らしくないから殴られるとか、泥水を飲まされるとか、ありえないんですけど。

 

そもそも、その「男らしく」と言う言葉が、自分らしく生きたい人の足かせになると思うんですけどね。

 

 

そんなつらい経験を経ても、強く優雅に生きている御手洗ミュージックティーチャーは、裕一と久志に良いアドバイスをくれるのではないでしょうか。

 

前後のあらすじはこちらからご覧ください。

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

エール動画の視聴方法はこちら

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!