朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)18週90話ネタバレあらすじ:終戦を迎える


朝ドラエール』第18週「戦場の歌」第90話は、ようやく日本は終戦を迎えました。

戦意高揚の曲を作り続けていた裕一は、自分のせいで若い命が奪われたと考え、曲をかけなくなってしまいます。

今までのエピソードを見逃してしまった方はこちらで見れます↓

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第18週90話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第18週90話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

長かった戦争がようやく終わる。

豊橋では、梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)が、入院生活を続けていた。

裕一(窪田正孝)は戦争中、自分の作った音楽が人々を戦うことに駆り立て、その結果若い人の命を奪ってきたことを自分のせいだと悔やんで曲を書くことができなくなってしまう。

一方、劇作家の池田(北村有起哉)は戦争孤児のドラマの企画をNHKに持ち込む。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)90話 終戦を迎える

 

ようやく日本は終戦を迎えました。

 

あまりにも多くの人が亡くなりました。

 

ビルまでの日本の戦いの劣勢を間近で見てきたのに、戦意高揚の曲を作り続けていた裕一は、曲をかけなくなってしまいます。

 

自分の書いた曲で、多くの若者が戦地に送り出されていきました。

 

それは紛れもない事実です。

 

 

お国のためと信じて、裕一は曲を作り続けてきましたが、裕一の仕事の結果は悲しいものになってしまいました。

 

頼まれたから作曲し続けてきたのかもしれませんが、裕一の作った曲の影響力は強かったはずです。

 

なので、裕一が思っているように、若者を戦地に送り込み続けた責任は、裕一にはあると思います。

 

家族を守るために、しょうがなかったのかもしれませんが。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

見逃した回を見たい方はこちらをご確認ください↓

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!