朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)19週93話ネタバレあらすじ:鐘の鳴る丘の音楽を作る


朝ドラエール』第19週「鐘よ響け」第93話は、古山裕一は、劇作家の池田二郎が持ってきた「鐘の鳴る丘」の主題歌の詩を見て心を動かされます。

裕一は作曲への意欲を取り戻します。

今までのエピソードを見逃してしまった方はこちらで見れます↓

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第19週93話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第19週93話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

劇作家の池田(北村有起哉)が裕一(窪田正孝)に、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を依頼しにやって来る。

裕一は、戦争中に自分がした事に責任があるといって断ろうとするが、戦争の悲劇から復活を真っ向から描くこのドラマの音楽は、裕一にしか書けないと池田は説得する。

苦しんでいる子供たちを励まして欲しいと言って池田が置いて帰った主題歌の歌詞を見て、その力強さに裕一は心動かされる…。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)93話 鐘の鳴る丘の音楽を作る

 

劇作家の池田二郎は、「鐘の鳴る丘」の主題歌を古山裕一に作って欲しいと強く願っていました。

 

そこで、主題歌の歌詞を裕一に持ってきます。

 

その歌詞を見た裕一は、心を動かされます。

 

ドラマ『鐘の鳴る丘』は、戦災孤児と復員兵が力強く生きていくストーリーです。

 

朝ドラ『なつぞら』でも、主人公のなつの兄の奥原咲太郎が気に入っていたことが描かれていました。

 

 

戦争で疲れ切った人々の心に響いた曲は、明日への希望に溢れた歌でした。

 

 

この主題歌の歌詞のどこに、裕一は心を動かされたのでしょうか。

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

見逃した回を見たい方はこちらをご確認ください↓

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!