ルパンの娘イメージ画像

ルパンの娘最終回のストーリー!あらすじ・ネタバレ!Lの一族の最期は?

『ルパンの娘』最終回のストーリーは、どうなったのでしょうか?

華と和馬の恋の運命が気になります。

『ルパンの娘』動画を視聴はここから↓

ルパンの娘の動画を今すぐ視聴する

 

ルパンの娘の最終回ストーリー

 

前回、華の祖父・巌が焼死体となり発見されました。

 

尊はオヤジは殺されたと言います。

 

そこには、マツが若い頃、襲われた過去に原因があったことが判明します。

 

その事件は、元警視総監でエミリの祖父である英輔が関与しているようです。

 

そして、華たちはエミリと挙式を挙げようとする和馬を教会から強奪しました。

 

エミリと和馬の挙式に乗り込み、和馬を盗んだ華。

 

和馬が目を覚ますとそこは三雲家のマンションでした。

 

慌てる和馬を尊が落ち着かせ、事の真相を話し出します。

 

しかし、そこに英輔と手下たちが来て、悦子を人質に全員を取り押さえます。

 

英輔は、和馬に「式場に戻るように」と言い、部屋から追い出します。

 

式場にマスコミが殺到する中、和馬が現れ、マスコミに後できちんと話すと言いチャペルに入ります。

 

そして、父に頼んであった資料を受け取り、エミリの元に行きます。

 

そこには、母と巻がいましたが、2人で話したいと言います。

 

マンションでは、三雲家が英輔の手下に銃を突きつけられていました。

 

そんな時、悦子が命乞いをします。

 

もう姿を現さないから逃がしてと、悦子は英輔に取り入ろうとします。

 

尊に知っていることを全部話すように説得し、尊が話し始めます。

 

英輔は不正を働く刑事たちの名簿を作っていたが、それをLの一族に盗まれ、マツを襲ったのでした。

 

英輔は上層部にうまく取り入ることでエリート出世をし、警視総監にまで上り詰めました。

 

その事件から60年経ち、またLの一族が姿を現し始めました。

 

そして、襲ったときにマツと一緒にいた桜庭の孫(和馬)も関わっていたことがわかったので、桜庭がLの一族と通じていないか監視していた。

 

一方、チャペルでは和馬が巌を殺した真犯人を突き止めていました。

 

なんとその犯人とは先輩の巻でした。

 

和馬は証拠から巻を疑い、こっそりDNA鑑定をしていました。

 

巻は祖父にどんな手を使ってでも巌を見つけ、しかも殺しても構わないと言われていました。

 

巻は、初めて祖父に頼られたと思い嬉しかったのです。

 

ですが、和馬が華と交際していたことに気づかなかった事を叱責され、ついに巌を手にかけてしまったのです。

 

マンションでは英輔の罪を三雲家が暴いていました。

 

実はエミリも英輔に言われ、和馬に近づいていました。

 

英輔は可愛い孫娘まで利用する悪党でした。

 

そしてついに英輔一味に、マツが撃たれそうになった時、巌が現れました。

 

実は巌は生きていて、英輔を捕まえる機会をうかがっていたのです。

 

実はLの一族が捕まった時点からすでに、英輔を罠にかけていたのです。

 

しかも、三雲家と英輔の会話は生中継されていました。

 

そして、実は和馬を三雲家に連れてきた時に、このことは和馬にも説明してありました。

 

その後、尊が和馬に連絡をしようとしましたが、繋がりません。

 

渉が確認してみると、和馬は英輔の手下に捕まっていました。

 

それを知った三雲家は追手を足止めをし、華だけ和馬の元に向かえるようにしようとします。

 

そんな時、渉が襲われそうになり、華が助けます。

 

それを見た渉は「華、Lの一族は俺が背負っていく、お前は行け!」と言ってくれ、華を和馬の救出に向かわせます。

 

そして三雲家がピンチになった時、現れたのは桜庭家の祖父の和一でした。

 

和一は、颯爽とバイクで現れ、巌と共に英輔を打ちのめします。

 

和一は、マツの感動の再会をします。

 

和一はマツに謝り、巌にも礼を言い、3人は60年前の楽しかった日々を思い出します。

 

他方、捕まった和馬は自分の終わりを覚悟し、華を思い出していました。

 

華がチャペルに着くと円成寺がいました。

 

円成寺は手下を引き受け、華を和馬の元に向かわせます。

 

和馬の前には拳銃を手にした巻がいました。

 

巻は和馬に謝り、引き金を引こうとするが、その銃口を手下たちに向け、和馬に逃げろと言います。

 

そこに華が到着しました。

 

華と和馬でタッグを組み、手下たちをやっつけていきます。

 

すると、そこにパトカーの音が近づいてきます。

 

和馬は華に逃げるよう指示します。

 

そこにいたエミリは和馬に「見ないでください。全てお爺様の指示通り動いただけです。あなたのことは愛していませんでした」と涙ながらに言います。

 

そんなエミリに「ありがとうございました」と礼を言い、和馬は立ち去ります。

 

和馬は、誰もいなくなったチャペルに着きます。

 

そこに、華が現れます。

 

和馬は「運命を乗り越えようと言いながら、乗り越えるのが怖くてできなかった」と謝り自分を責めて涙します。

 

しかし「華以外もう愛せない」と言い、華も「カズくん以外愛せない」と言います。

 

抱きしめあい、キスをする2人。

 

そんな2人をてんとう虫3号の映像で、三雲家は見守ります。

 

そこにサイレンの音が近づいてきます。

 

一度マンションに戻り、Lの一族に華は合流します。

 

すると、なんと渉の部屋ごとマンションタワーの球体に移動し、そこから巨大てんとう虫として飛び立ちました。

 

しかし、しばらくして飛行隊は、不穏に揺れ始めます。

 

ニュースでは、飛行隊は爆発したことになっていました。

 

ですが、三雲家はなんと桜庭家に全員いました。

 

三雲家は爆発前にパラシュートで脱出していたのです。

 

このニュースのおかげで、Lの一族は死んだこととなり、指名手配を逃れていました。

 

晴れて華は和馬と一緒に堂々と暮らせるようになりました。

 

ルパンの娘最終回感想

 

 

巌をは生きていました!!

 

最後に出てきた巨大てんとう虫の飛び立つ様子には驚いてしまいました!

 

無事に華と和馬は結ばれたので、ほっとしました。

 

『ルパンの娘』は、アクションあり、コメディあり、ラブストーリーありのてんこ盛りのドラマでした。

 

ちょっとこれで終わってしまうとなると寂しい気もしますがハッピーエンドで良かったですね。

『ルパンの娘』動画を視聴はここから↓

ルパンの娘の動画を今すぐ視聴する

 

ルパンの娘の登場人物一覧はこちらです↓

ルパンの娘(ドラマ)キャスト一覧と相関図!原作のネタバレも

 

ルパンの娘イメージ画像
最新情報をチェックしよう!