朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)20週96話ネタバレあらすじ:吟の夫・智彦は仕事がうまくいかない


朝ドラエール』第20週「栄冠は君に輝く」第96話は、古山裕一には戦中と同じく作曲の依頼が殺到します。

一方で、裕一の妻の姉の夫の智彦は、仕事がなかなかうまく行かないようです。

今までのエピソードを見逃してしまった方はこちらで見れます↓

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第20週96話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第20週第96話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

「長崎の鐘」を書き上げた裕一(窪田正孝)の元には、仕事が殺到。

楽譜をおいた机を3つ並べて行き来して作曲するなど、意欲的に作曲に取り組む日々を送っていた。

一方、同期の松川(木原勝利)に声をかけてもらった智彦(奥野瑛太)は、ラーメン屋の仕事を辞めて、貿易会社に就職するのだが…。

音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)から、ラ・ボエームのオーディションを受けてみないかと勧められる。

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)96話 吟の夫・智彦は仕事がうまくいかない

 

吟の夫で、元軍人の智彦は、戦後なかなか仕事が見つからず、苦労していました。

 

綿々と書かれた陸軍での配属先や昇進の履歴書は、戦後の就職にはなんの役にも立たないようでした。

 

プライドを持って職務を全うしていた智彦にとっては、理不尽な状況ですよね。

 

誰のために戦ったのだろうか・・と考えるときもあるでしょうし、腐るのもわかります。

 

でも、それは智彦の側から見たときですよね。

 

軍人ではなかった人達から見ると、「偉そうにして何様なんだよ」と思うのも無理もないと思います。

 

戦争では、あまりにも多くの人が亡くなりました。

 

 

この人達の死はなんのためだったのでしょうか。

 

話を智彦に戻しますが、智彦は就職したラーメン屋をやめて、貿易会社に転職します。

 

そこで、またつらい目に合うかもしれません。

 

音や梅は、夫とうまくやっていますが、吟と智彦の夫婦関係はどうなるのでしょうか?

 

なんだか心配です。

 

追記2020/10/26

 

ああ、心配しすぎました!

 

吟の夫の智彦と吟の関係は、とてもほんわかしたものになりましたね。

 

智彦さんの本来の優しさが、とても素敵でした。

 

吟も本来の強さを取り戻したように感じます。

 

いい話だった〜

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

見逃した回を見たい方はこちらをご確認ください↓

 

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!