朝ドラエールーイメージ画像

エール(朝ドラ)21週105話ネタバレあらすじ:音にとっての音楽とは


朝ドラエール』第21週「夢のつづきに」第105話は、音は結局「ラ・ボエーム」の舞台に立つことは諦めてしまい、気持ちが沈んでしまいます。

音にとって音楽とは何だったのでしょうか?

今までのエピソードを見逃してしまった方はこちらで見れます↓

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)第21週105話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『エール』第21週第105話のあらすじをまずご紹介します。

 

朝ドラエールーイメージ画像

 

目標を見失った音(二階堂ふみ)のために、裕一(窪田正孝)は鉄男(中村蒼)に詞を書いてもらい、音への思いを音符にのせて歌をつくる。

そしてある日、裕一は音を連れて教会にやってくる。

裕一は音に、教会でクリスマスのときに開催することになった慈善音楽会で、音のためのつくった歌を歌ってほしいとお願いをする。

子供達に歌を教えて、音楽の楽しさを思い出す音。

そして、いよいよ、音楽会当日に…

 

スポンサーリンク

 

エール(朝ドラ)105話 音にとっての音楽とは

 

結局、音は「ラ・ボエーム」に出演する夢を諦めてしまいました。

 

音に訪れたせっかくのチャンスでしたが、実力で叶いませんでした。

 

意気消沈する音のために、裕一は鉄男と一緒に歌を作ります。

 

そして、教会で開催される慈善音楽会で歌うように、裕一は音にお願いします。

 

その慈善音楽会で歌う子どもたちに歌唱指導をしているうちに、音は自分にとって音楽は何なのかを思い出します。

 

戦争中も、音は子どもたちに歌を教えていましたよね。

 

 

それは、音楽挺身隊で歌う喜びを再確認したからでした。

 

 

音にとって、音楽はいつも楽しいもので、美しいものでした。

 

それが苦痛の元になってしまうのは、悲しいことですよね。

 

 

娘の華も心配していたようなので、音が自分にとっての音楽は何かを思い出せてよかったです!

 

 

関連記事

NHK朝の連続テレビ小説『エール』動画の第1話2話から最終回までU-NEXTで配信しています。 U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施しています。   【U-NEXT】でエール動画を今すぐ見る […]

朝ドラエールーイメージ画像

 

『エール』のキャスト・登場人物の一覧はこちらです↓↓

エール(朝ドラ)キャスト登場人物一覧

 

見逃した回を見たい方はこちらをご確認ください↓

エール動画の視聴方法はこちら

 

スポンサーリンク

朝ドラエールーイメージ画像
最新情報をチェックしよう!