おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)10週46話ネタバレあらすじ:一平の台本が却下される


朝ドラおちょやん』第10週「役者辞めたらあかん!」第46話は、千代の奮闘の結果か、新劇団に千之助も参加しました

そして早速千之助は、一平の書いた台本を却下します。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第10週46話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第10週第46話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

千代(杉咲花)の新しい喜劇の一座は、一平(成田凌)を座長とする「鶴亀家庭劇」として船出をした。

しかし、旗揚げ公演の稽古初日、一平の書いた台本は千之助(星田英利)に却下される。

その上、代わりに千之助が書いた「手違い話」という台本で、しかも主役は千之助がやると言い出す始末…。

さらに旧天海一座以外の劇団メンバーは、新派、歌舞伎、歌劇団の寄せ集めの役者だった。

喜劇未経験の者たちでの芝居に不安は尽きない…

 

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)46話 一平の台本が却下される

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の竹井千代は、千之助を新劇団に参加させることに成功しました!

 

新劇団がようやく船出したと思ったら、一平の書いた台本を千之助が却下します。

 

却下って・・一平が座長なのに!?

 

須賀廼屋天晴は、一平の台本を読んで、その本で芝居したいと思ったのに!?

 

千之助の圧力は、納得できないなあ。

 

でも、あの千之助の迫力には、対抗できないのも納得できます。

 

千之助、喜劇役者なのに、怖すぎですよね。

 

 

劇団員もバラバラだし、劇団はどうなってしまうんでしょうか。

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら