おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)10週47話ネタバレあらすじ:旗揚げ公演の千之助の企み


朝ドラおちょやん』第10週「役者辞めたらあかん!」第47話は、ついに新劇団「鶴亀家庭劇」の旗揚げ公演の舞台は、出演者がちぐはぐでイマイチでした。

そんな中、千之助の企みが明らかになります。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第10週47話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第10週第47話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

千代(杉咲花)の新しい喜劇の一座「鶴亀家庭劇」の旗揚げ公演のトリの演目は千之助(星田英利)を主役とする「手違い話」に決まった。

千之助、一平(成田凌)以外は新派、歌舞伎、歌劇団の役者で喜劇は未経験の者ばかり。

それもあってか稽古を重ねてもしっくりこない。

そして役者たちの思いがバラバラのまま、舞台の初日を迎える。

当然、観客の笑いはイマイチ。

すると一平の不安が的中する。千之助の企(たくら)みがあらわになる

 

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)47話 旗揚げ公演の千之助の企み

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の竹井千代の参加する新劇団「鶴亀家庭劇」が、旗揚げ公演にたどり着きました。

 

千之助が主演の喜劇「手違い話」がトリの演目。

 

そこで一平が心配していた「千之助の企み」が明らかになります。

 

この「千之助の企み」とは、一体何なのでしょうか。

 

 

それは、たぶん「アドリブ」だと思うんですよね。

 

一平の父の天界天海が亡くなったあとの舞台でも、千之助は一平相手にアドリブをしていました。

 

そのアドリブに一平は対応できず、千之助に激怒されてましたね。

 

千代はそのアドリブに強い女優。

 

アドリブ力で、鶴亀家庭劇に抜擢されたと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

なので、きっと千之助の無茶なアドリブに、千代は食らいついて対応していくと思います。

 

楽しみです!!

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク