おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)10週48話ネタバレあらすじ:千代は高峰ルリ子を説得へ


朝ドラおちょやん』第10週「役者辞めたらあかん!」第48話は、「鶴亀家庭劇」の旗揚げ公演は、反応がいまいちでしたが、千之助がアドリブを連発して笑いを取ります。

新派出身の高峰ルリ子は、そんな芝居にはついていけないと出ていってしまいます。

千代はなんとか説得しに、高峰ルリ子に会いに行きます。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第10週48話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第10週第48話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

旗揚げ公演の初日。「手違い話」は序盤、観客の反応が薄かったが、主役の千之助(星田英利)が台本に無いアドリブを連発。

何とか笑いに繋げたのだった。

千代(杉咲花)は千之助の力に感心するも、喜劇未経験の役者たちは戸惑い、反発するばかり。

特に、新派出身でプライドの高い、高峰ルリ子(明日海りお)は喜劇なんてやるんじゃなかったと出て行ってしまう。

千代はルリ子に嫌われていたが、戻るよう説得するために会いにいく…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)48話 千代は高峰ルリ子を説得へ

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の竹井千代の参加する新劇団「鶴亀家庭劇」が、旗揚げ公演での千之助の企みは、予想通りアドリブでした。

 

アドリブを連発し、観客の笑いを取るのは、千之助の真骨頂です。

 

鶴亀家庭劇は、「旗揚げ公演で結果を残さなければ解散する」と大山社長に言われています。

 

 

「解散どころか道頓堀をあることすら許されない」というものすごいプレッシャーを、鶴亀家庭劇は与えられているのです。

 

ですから、何が何でも笑いを取って次に繋げなければならないという背に腹は代えられないところもありますね。

 

そうは言っても、役者がいなければ芝居は成り立ちません。

 

大山社長が集めた役者たちは、みんなクセが強い。

 

早速高峰ルリ子は、アドリブ満載の喜劇芝居には出られないと、出ていってしまいます。

 

 

千代は、高峰ルリ子に嫌われていますが、それでも戻るように説得します。

 

高峰ルリ子には、他に行くところもあるかも知れませんが、千代には「鶴亀家庭劇」でしか女優ができる居場所はありません。

 

必死に説得するのだろうなあ。

 

高峰ルリ子も、いつまでもカメラ目線ではなく、千代に向き合ってもらいたいものですが、さて、どうなるのか・・

 

関連記事

明日海りおさんは、宝塚歌劇団出身の女優さんです。 朝ドラ『おちょやん』では、プライドの高い新劇女優の高峰ルリ子役を演じます。 明日海りおさんの経歴や出身高校を調べました。 またご結婚されているのでしょうか? &n[…]

明日海りお画像

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク