おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)12週57話ネタバレあらすじ:一平が千代に接吻!


朝ドラおちょやん』第12週「たった一人の弟なんや」第57話は、一平は千代と一緒に自分が書いた芝居「若旦那のハイキング」の舞台に立っていました。

千代の感情のこもった芝居に、一平は千代にキスしてしまいます。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第12週57話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第12週第57話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

「若旦那のハイキング」の舞台初日。恋人と一緒に死を選ぶ場面。大切な弟のヨシヲを思い、役になりきる千代(杉咲花)。

熱の籠もった芝居の千代に引っ張られ、一平(成田凌)は思わず接吻をしてしまう。

すると、劇場にいた警官が発見。即刻、芝居は中止に。鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)らが必死に警官に頭を下げ、公演は続けられることになった。

とはいえ、千代にとっては初めての接吻。

岡安のお茶子たちが必死に慰めるのだが…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)57話 一平が千代に接吻

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代は、鶴亀家庭劇の舞台「若旦那のハイキング」に立っていました。

 

千代は、弟のヨシヲを思いながら芝居を進め、気持ちがこもっていました。

 

その芝居を受けている一平は、千代の演技に引き込まれ、つい接吻をしてしまいました。

 

この当時は、「接吻」を想像させるものは、すべて検閲の対象だったそうです。

 

想像させるだけで、だめなのに、本当にしてしまったら、大問題ですね!

 

実際警察官に見られてしまって、公演が中止させられてしまいました。

 

頭を下げてなんとか公演は続くことになりました。

 

公演はなんとか続くことになりましたが、千代は初めての接吻にとまどいます。

 

一平と違って、千代は恋愛免疫がないですからね。

 

鶴亀撮影所時代の助監督の小暮とも、プラトニックな恋でした。

 

関連記事

若葉竜也さんは、ドラマ『おちょやん』の京都の撮影所の助監督の小暮真治役で出演します。 若葉竜也さんの経歴が気になります! また結婚はされているのでしょうか?   若葉竜也の経歴や結婚は? […]

若葉竜也画像

 

これで、一平と千代の距離が縮まるのでしょうか。

 

見逃せません!!

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら