おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)12週60話ネタバレあらすじ:ヨシヲの過去


朝ドラおちょやん』第12週「たった一人の弟なんや」第60話は、ヨシヲは悪い仲間にそそのかされて、劇場に火をつけようとしていました。

そうせざるを得ないヨシヲの過去はどんなものだったのでしょうか。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第12週60話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第12週第60話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

ヨシヲ(倉悠貴)を説得するも、追い出されてしまう千代(杉咲花)。

そんななか、再びヨシヲの宿に戻ったのは一平(成田凌)だった。

千代がどんな風に道頓堀で生き延びてきたか、弟をどんなに思ってきたのかを伝える。

しかし、仲間から劇場に火をつけろと脅され、追い詰められるヨシヲ。

間一髪で止めに入り、人目につかぬようヨシヲを岡安に連れて帰る千代と一平。

ヨシヲは、離れ離れになった間の自分のことを話し始めるのだった…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)60話 ヨシヲの過去

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代の最愛の弟のヨシヲは、悪い仲間にそそのかされて、劇場に火をつけようとしていました。

 

一平も、千代も、ヨシヲを救おうと必死になります。

 

なんとか、ヨシヲが劇場に火を付ける寸前で、止めることができました。

 

そして、ヨシヲを岡安につれて帰ります。

 

関連記事

倉悠貴さんは、朝ドラ『おちょやん』に、ヒロインの最愛の弟・竹井ヨシヲ役で出演します。 竹井ヨシヲは、主人公の竹井千代と幼い頃に生き別れになっていました。 ヨシヲがどんなふうに育ったのか気になりますが、それと同時に倉悠貴さんの[…]

倉悠貴画像

 

そこで、ヨシヲは、千代と別れたあとの生活についてはじめました。

 

一体どんな過去だったのでしょうか。

 

どうかんがえても、楽しく穏やかな生活ではなかったことは明らかです。

 

千代は、奉公先の岡安で、厳しいながらも愛情に包まれて育つことができました。

 

ヨシヲは、そういう出会いをすることができなかったのでしょう。

 

もしかしたら、千代と一緒に奉公に出たほうが、道を踏み外すことがなく過ごすことができたかも知れません。

 

それもこれも、テルヲのせいだ!!

 

 

 

テルヲが、子供の将来のことも考えられる人だったら、ヨシヲが悪い仲間に入ることもなかったことでしょう。

 

ヨシヲを守ってあげられたのは、テルヲだけだったのに・・

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク