おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)13週61話ネタバレあらすじ:一平が岡安を出ていく


朝ドラおちょやん』第13週「一人やあれへん」第61話は、突然一平は住んでいた芝居茶屋「岡安」から出ていき、一人暮らしを始めます。

一平は女性と一緒に住むことにしたのでしょうか。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第13週61話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第13週第61話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

千代(杉咲花)は、道頓堀で起こった放火騒ぎが弟のヨシヲたちの仕業だったと、劇団の仲間たちに謝る。

一方、一平(成田凌)は突然、岡安を出ていき、部屋を借りて一人で暮らし始める。

お茶子たちは、一平に“いい人”ができたのではとうわさする。

ヨシヲと別れた夜以来、一平に対して気まずい思いを抱く千代だったが、岡安のハナ(宮田圭子)から一平へのお使いを頼まれてしまう。

新居を訪れると、部屋の中から女の声がして…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)61話 一平が岡安を出ていく

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代は、芝居茶屋「岡安」に住んでいます。

 

おなじ「岡安」に、千代が所属している劇団「鶴亀家庭劇」の座長の天海一平も住んでいました。

 

ですが、ある日突然、一平は「岡安」を出ていき、一人暮らしを始めます。

 

恋人でもできたのではないかと、「岡安」のお茶子たちは噂しています。

 

千代は、ヨシヲの一件で、一平を意識するようになっています。

 

もしかして、一平も千代を意識して距離を取ろうとしているのでしょうか。

 

小さい頃からの関係との決別の時が来たのでしょうか?

 

千代が「岡安」の大女将のハナからお使いを頼まれて一平の部屋に行くと、女性がいて、千代はどんな気持ちになるのでしょうか。

 

千代も、そろそろ小暮真治の次の恋を見つけないとねえ。

 

関連記事

若葉竜也さんは、ドラマ『おちょやん』の京都の撮影所の助監督の小暮真治役で出演します。 若葉竜也さんの経歴が気になります! また結婚はされているのでしょうか?   若葉竜也の経歴や結婚は? […]

若葉竜也画像

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク