おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)13週62話ネタバレあらすじ:一平は襲名を断る


朝ドラおちょやん』第13週「一人やあれへん」第62話は、鶴亀家庭劇の座長の天海一平は、父の天海天海の名前を襲名を大山社長から命じられます。

ですが、一平は断ってしまいます。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第13週62話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第13週第62話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌)。

周囲の期待をよそに断ってしまう。

それは女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからだった。

しかし襲名は社命であり絶対。

一平が断れば、鶴亀家庭劇の存続も危ない。

そんななか、実家の岡安で夫婦ゲンカの愚痴を吐くみつえ。

それを叱るシズ(篠原涼子)。

そんな母娘を見て、千代(杉咲花)はあることを思いつく…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)62話 一平は襲名を断る

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代は、一平は、鶴亀家庭劇の大山社長から、父の名前を継ぐように言われます。

 

「鶴亀家庭劇」の劇団員は、みんな期待しますが、一平は襲名を断ります。

 

ですが、この襲名は断ることはできないことでした。

 

もし仮に断ってしまったら、劇団の存続もできない可能性もありました。

 

そこで、一平の気持ちを変えるために、千代は何かを画策しようとします。

 

千代の思いつき・・うまくいくのかどうか不安が大きいですね。

 

みつえと福助の結婚も、最終的に丸く収まりましたが、千代の考えた寸劇?は散々な結果でしたよね。

 

 

今回は、一平の父へのわだかまりというかなりシリアスな話です。

 

話が悪い方向に進んでしまったら、劇団の存続に関わります。

 

ですから、千代の思いつきは責任重大です。

 

大丈夫なのでしょうか。

 

心配です。

 

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク