おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)13週64話ネタバレあらすじ:一平の父の真実とは?


朝ドラおちょやん』第13週「一人やあれへん」第64話は、一平の母から聞いた父・天海天海の事実は、いままで一平が信じていたこととは全く別なことでした。

その事実は、2人にとってショックな事でした。

どんなことだったのでしょうか?

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第13週64話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第13週第64話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

幼き日より、一平(成田凌)が恨んできた父・天海天海(茂山宗彦)のそぶりからは、到底想像できない事実を突き付けられた、一平と千代(杉咲花)。

呆(ぼう)然としたまま、京都をあとにし、道頓堀の帰路につくのだった。

時を同じく、千之助(星田英利)も天海から口止めされていた事実を鶴亀家庭劇の座員たちに話し始める。

そして、天海と千之助の二人以外にこのことを唯一知っていたあの人も、一平と千代の帰りを待ちわびていた

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)64話 一平の父の真実とは

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代は、一平と一緒に一平の母親の夕に会いに行きました。

 

そこで、千代と一平は意外な事実を突きつけられました。

 

それは、呆然とするしかないほどの事実でした。

 

どんなことだったのでしょうか?

 

一平は、父の天海が酒好きの女たらしで、母の夕を追い出したのだと考えていました。

 

 

そのことが、全く違っていたのではないかと思います。

 

夕は、自分から家を出ていったのではないでしょうか。

 

そのことを一平に知られないために、天海は芝居をしていたのではないでしょうか。

 

関連記事

茂山宗彦さんは、朝ドラ『おちょやん』に初代天海天海役で出演されます。 『ちりとてちん』で大人気となり、いろいろな場所で活躍されている茂山宗彦さんについて調べました。 ご家族のこと、また離婚して再婚したことについて、まとめまし[…]

茂山宗彦画像

 

天海は、千之助が今もなお一緒に芝居したかったとむせび泣いてしまうような男でした。

 

ですから、一平の父は愛情に溢れた人だったのではないでしょうか。

 

 

でも、もしそうなら、それを知った一平の気持ちは複雑になりますよね。

 

ずっと父を恨んできたのですから。

 

一平の中で、すとんと落ちるものがあったらいいなと思います。

 

前後のあらすじはこちらからご覧ください。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク