おちょやんイメージ画像

おちょやん(朝ドラ)13週65話ネタバレあらすじ:千代は一平の決心を変えられるか


朝ドラおちょやん』第13週「一人やあれへん」第65話は、母から事実を聞いた一平は、二代目天海天海の襲名公演を最後に、役者を辞める決意をします。

千代は、一平の父の天海天海の思いをハナから聞き、それを一平に伝えます。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク

おちょやん(朝ドラ)第13週65話ネタバレあらすじ

 

NHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』第13週第65話のあらすじをまずご紹介します。

 

おちょやんイメージ画像

 

二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟をする一平(成田凌)。

今まで書き直してきた大切な台本を一冊ずつ燃やしていく。

これまでの一平のただならぬ雰囲気を察していた千代(杉咲花)。

一平のもとに駆け寄ると、その場面に遭遇する。

千代は、天海親子のすべてを知るハナ(宮田圭子)から託された、初代天海天海の思いを一平に届ける。

幼き日の一平が天海にとって、どんな存在だったのか、千代は語りかけるのだった…

スポンサーリンク

 

おちょやん(朝ドラ)65話 千代は一平の決心を変えられるか

 

朝ドラ『おちょやん』の主人公の千代は、幼馴染で、鶴亀家庭劇の座長の一平が、父の名前を襲名したあとに役者を辞める決意したことに気づきます。

 

岡安の女将・シズの母のハナから、一平の父の思いを聞いた千代は、一平にそのことを伝えます。

 

いままで千代は何度も一平に支えてもらいました。

 

テルヲたちが夜逃げし帰る場所がなくなったことを知ったとき、

 

テルヲの借金のために道頓堀をさらなければならなくなったとき、

 

京都でテルヲがお金を持ち逃げしたとき、

 

ヨシヲとの2度めの別れ、

 

千代が辛いときに、いつも一平は千代を支えてくれました。

 

一平は千代の心の痛みをいつも受け止めてくれました。

 

 

 

今度は千代が一平の気持ちを受け止めてあげる番です。

 

ハナから聞いた一平の父の天海天海の息子への気持ちを、千代は丁寧に一平に伝えてくれることでしょう。

 

一平のつらい気持ちが軽くなるといいなと思います。

 

前後のあらすじはこちらからご覧ください。

 

おちょやん
第1話から最終話までの
動画視聴はこちら

 

スポンサーリンク