中澤圭二の経歴や年齢は?ハワイへ移転!年収は?ノンフィクション

中澤圭二さんは、寿司職人!
「日本一のすしバカ」と言われるほど、
お寿司を追求し続けています!

その中澤さんは、
東京・四谷で営んでいた店「すし庄」を
若手に託しました。
そして、
自身はハワイに新しい寿司を求めて旅立ちました!

「すし庄」は、
予約が取れない店として評判で、
今でもそのまま人気店です!

「すしバカ」中澤圭二さんの何が、
ハワイでの挑戦を焚き付けたのか、
気になります!!

スポンサーリンク



中澤圭二の経歴や年齢



中澤圭二さんは、1963年生まれ。
出身地は東京都です。

誕生月がわからないのですが、
53歳か54歳ですね〜

中澤圭二画像
中澤さんの料理人人生は、
15歳のときからです。

最初は、鰻・割烹の店に何となく就職したそうです。

その後20軒もの全国の寿司店や割烹料理店、
スナックに至るまで、
渡り歩いたそうです。

何かに火がついてしまったんでしょうねw

そして、
26歳で「すし匠 さわ」を開店。
30歳で「すし匠」を開店しました。

ここで終わりと思いきや、
なんとハワイへ出店を決意!

2016年夏
ハワイの高級ホテル
「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチ」
に「すし庄」を開店しました!


スポンサーリンク





中澤圭二がハワイへ


中澤圭二さんが、
ハワイの高級ホテル
「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチ」
で提供しているお寿司は、
ネタは基本的に現地の魚や貝です。

ハワイは暑い場所ですから、
ネタの管理は気を使うでしょうねえ。

お寿司は生ものですしね。。

ただ
中澤さんのお寿司は江戸前なので、
お酢で締めたりするような日持ち加工?
をするものも多いですよね。

そもそも
江戸前寿司って、
日持ちさせるように手間ひまかけて来たと聞いたことがあります。

そういう意味では、
江戸前寿司の本領が発揮される場所なのかもしれないですね。

それに、
ハワイのビーチやテラスでお寿司を食べたいと思わないと思いますが、
居心地の良い高級ホテルだったら、
お寿司を堪能できそうです。

日本から食べにいっても、
日本では絶対味わえない魚や貝が
提供されるので、
楽しそうです。

・・・と言っても、
私がそこへ行く日が訪れる確率は、
限りなく低いですがww

ところで、
中澤圭二さんがハワイへ進出した理由・・

それは、進化し続けるべきと考えているから。

日本の鮨文化を守るためには、
常に成長し続けなければいけないという使命感から。。

かっこいいですね!

「ぐるなび・シェフ」のサイトでは、
次のように述べています。

「ビジネス”ではなく、
“職人”であり続けること。
美味しいものを食べることに、
貪欲になるべし」

「常に勉強という意識をしていること」

なんか心にずしんとしました。。
甘えちゃってるなあ・・
最近・・

中澤圭二の年収は


中澤圭二さんの年収ですが、
「すし庄」のグループで15店鋪を展開しているそうです。

それプラス「ハワイ」かな?

「すし庄」グループ全体から
経営者として報酬をもらっているはずですから、
普通なら5000万円はくだらないのではないかと思います。

公表されている訳ではないので、
あくまで憶測です。

これだけ寿司に命をかけているのですから、
5000万円もらっていたとしても、
もっともらっても良いのでは?
と思いますね〜

だって、
中澤圭二さんのお寿司を食べると、
みんな幸せな気分になれるんですよ!

すごい貴重な時間です!

中澤圭二さんのお寿司を食べれば、
必ず幸せになれるなんて、
すてき!

その気分を味わってみたい!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。