マヨネーズの日の由来は?記念日は3月1日!


マヨネーズの日は、3月1日!

マヨネーズはマヨラーでなくても、
いまや家庭の必需品です!

一時期のマヨラーのブームは去りましたが、
完全にマヨラーは定番になりましたw




マヨネーズの日の由来


SMAPの香取慎吾くんに牽引されて、
始まったマヨラーブーム!

マヨラーではなくても、
見ているだけで楽しかった!

楽しい時代でしたね〜
って、
そんな過去でもないかw

あさイチに出演されているNHKの柳澤秀夫解説員も、
マヨラーのひとりですね。


さて、最近は記念日がたくさんありますよね〜

マヨネーズの日は、
マヨネーズのメーカーのキューピー株式会社が制定した記念日です!

マヨネーズの日を制定した目的は、
マヨネーズをアピールすることです!

なぜ「3月1日」に制定された理由は、

1. キューピー株式会社がマヨネーズを製造販売を始めたのが、
1925年(大正14年)3月であった!

2. 日本初であったので、
初めてと言う意味の「1」にちなんで『1日』にした!

それが3月1日に制定された理由です!

キューピー株式会社の思いが詰まった記念日なんですね!

この記念日を起爆剤のように使うこともできますよね〜

マヨネーズの日イメージ画像

なので、
マヨネーズの日には、
「キューピーマヨカフェ」もオープンします!


2016年には、
東京渋谷のマヨカフェに行ったんですよ。

値段はちょっと高めでした・・

アンケートに答えたら、
小さなマヨネーズをもらえたので、
嬉しかったです。。

すごく混んでて、
どんだけ待つかなと心配しました。

ですが、
たまたま前にいたお客さんが帰っていったので、
席に案内されるまで15分待つだけで大丈夫でした。

ちょっとラッキーでした!
なので、
いい印象です。

スポンサーリンク



記念日の制定の仕方


ところで、マヨネーズの日を調べていたら、
記念日ってなんだろう?
って思いました。

記念日を制定するのって、
勝手にすればいいじゃないですか・・

でも、
一般社団法人日本記念日協会という団体があって、
そこに申請すると記念日が制定されるようになっています。

新しい○○記念日というのは、
ほとんどが
「記念日協会認定記念日」
なんですよ。

申請して、
登録料を10万円払います。

同一記念日が2日の場合は、
登録料は17万円。

3日の場合は20万円!

日にちが増えるごとに3万円づつ上乗せされていきます。

12日以上の時には応相談w

この記念日登録をすると、
日本記念日協会の冊子に載ったり、
メディア取材対応、
コンサルティングもしてくれるそうです。

日本記念日協会は、
たった3人で運営しています。

代表の加瀬清志さんは、
放送作家で、
コラムニストです。

加瀬さんは放送作家なので、
まずはネタとしての『記念日』に注目しました。

そして、
記念日を作ることにより、
毎年いろいろなプロモーションを仕掛けることができることに気づいたんです。

11月11日のポッキー&プリッツの日のお祭りを考えると、
よくわかりますね。

加瀬さんは、
記念日のデータベースが無かったので、
自分で作ろうと、
日本記念日協会を設立したそうです!

着眼点がすごいです!

その後、
日本ポニーテール協会、
日本プロボーズ協会など、
60以上の協会を作っています!

協会を作ることによって、
それを求める人が集まってくることを狙っているのだそうです。

加瀬さんは楽しんでやっていらっしゃるようですが、
経済的にもウハウハなのではないかなと思ってます。

ちょっと疑問もあるけど・・

こういうことは、
先にやったものがちなんでしょうね〜

その先見の明が欲しい!!
うらやましい!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。