緊急取調室2017のゲスト出演の一覧!犯人の女優や俳優は誰?



緊急取調室2017の第1話の放送は
ご覧になりましたか?

犯人とキントリの刑事たちとのやり取りは、
緊張感がありました。

犯人だけでなく、
被害者や関係者も全員が
ドラマの空気感を壊さなかったですね。

ゲストになる女優さんや俳優さんは、
演技に間違いが無い方が、
選ばれているのだと思います。

こだわっていますよね。

NEWSポストセブンの記事で、
犯行現場で鑑識が使う定規は、
実際に使われている竹定規を使っていると
書かれていました。

俳優さんにも、
小道具にもこだわっているので、
おもしろいのだと思います。

スポンサーリンク



ゲスト出演一覧


これから回を追うごとに増えていくゲストですが、
ちゃんと覚えていられるように、
一覧を作っていこうと思います。

[役名:俳優]


第1話 傘をさす女


【犯人】 白河民子:三田佳子
  関連記事: 三田佳子の息子・長男や次男の現在2017は?旦那や年収も気になる!

独居老人。
夫は画家で死別。

白川民子は、
小牧修介に恋心を抱いていたと思われる。
小牧修介と綾野文香の不倫を知り、
諌めた。
その後小牧修介に自分の思いを知っていたと言われ、
バカにされたため、
セージティーに油絵の具に含まれた毒物を混ぜ殺した。


【被害者】 小牧修介:石田卓也(いしだ たくや:1987年2月10日生まれ、2005年デビュー)
   
配送会社写真。
白川民子の家に飾られていた「傘をさす女」の絵を
配送時に見ていたため、
亡くなる時に傘をさしダイイングメッセージとした。


【被害者の不倫相手】 綾野文香:馬渕英俚何(まぶち えりか:1979年3月7日生まれ、1993年デビュー・ホリプロスカウトキャラバン)
   


【刑事】 河合つと
   1965年8月8日生まれ


【刑事】 青柳尊哉(あおやぎ たかや:1985年2月6日生まれ)
   


【被害者上司】 中脇樹人(なかわき みきと:1966年3月16日生まれ)
   

第2話 靴下をはかせる男


【犯人】 糸山恵太:福士誠治(ふくし せいじ:1983年6月3日生まれ)
  
医師。

患者の高木のベンチレーター(人工呼吸器)のスイッチを切った。
理由は、
高木から家族にこれ以上の迷惑はかけられないので、
自分の命を絶つように頼まれたから。
スイッチを切った後、
父が亡くなったときの姿と高木が重なり、
靴下をはかせた。


【犯人】 宮沢俊哉:村田雄浩(むらた たけひろ:1960年3月18日生まれ「ちゅらさん」など)
   
警察官。

糸山の父が事故で亡くなった時に現場にいた警官だった。
実は家族にお金を残すため、糸山の父は自ら命を絶った。
宮沢は糸山の母に頼まれ、自殺の証拠を隠匿。
その後お金に困った時に、糸山の母に金を無心していた。

取調室に籠城したのは、
糸山を亡き者にし、自分の命も絶つためだった。


【被害者】 高木直明:高桑満(たかくわ みつる)
   1950年7月7日生まれ、元劇団四季


【看護師】 桜井加代:和音美桜(かずね みおう)
   1983年4月21日生まれ、元宝塚宙組


福士誠治さん演じる糸山が
犯行に至る心の動きが悲しかったです。

でも、
犯罪は犯罪なんですよね。。。


第3話 オウムを飼う二人


【犯人】 小泉正隆:入江雅人(いりえ まさと:1963年4月2日生まれ「サラリーマンNEO」など)

建設会社社長。
秘書と浮気し、
会社の金を使い込んだため
被害者に揺すられた。


【犯人】 小泉マユミ:酒井美紀(さかい みき:1978年2月21日生まれ「白線流しシリーズ」など )

建設会社社長の妻。
被害者に夫の浮気調査を依頼。
その被害者に夫が脅され、
死体を遺棄。


【犯人の不倫相手】 日高:入山 法子(いりやま のりこ:1985年8月1日生まれ。「きみはペット」に主演。夫はBACK HORNのベーシスト岡崎光州)

小泉社長の秘書で、
金のために愛人になっていた。


【実行犯にさせられそうになった人物】 石原:横田栄司(よこた えいじ:1971年10月11日生まれ。文学座所属。イギリス女性と不倫し離婚していて話題になった)

オウムのピーちゃんの元の飼い主。
小泉夫婦に罪をきせられそうになった。


【被害者】 藤田敏樹:玉置孝匡(たまき たかまさ:1972年4月11日生まれ。 劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」所属)

探偵。
小泉社長の浮気調査をして、
社長の使い込みを知り、
社長を脅した。


同じ目標に向かえば、
仲違いしていても協力できるなんて、、
悲しい関係です。

もっと夫婦で話し合えば良かったのでは?

と上から目線で言っちゃうよ。


梶山管理官も
もっと奥さんと話し合ってみたらどうかしら??


第4話 ふたりの愛


【犯人】 沢本愛:矢田亜希子(やだ あきこ:1978年12月23日生まれ。「愛していると言ってくれ」でデビュー。押尾学は元夫。息子がいる )

高校の教師。
母が義父を殺したという過去をもつ。
それでも苦労して教師になった。

春日愛から繰り返し、
息子の担任を辞めるように言われ、
春日俊介を誘惑し交際していた。

春日愛から
「同じ名前だが自分とは全然違う」
と言われ激怒。

春日愛への復讐と
春日俊介との関係を終わらせるため、
春日俊介を殺害しようとした。

授業中に倒れたのは、
俊介の芝居。

他の生徒を教室から出した後、
目覚めた春日俊介に落ち着くからと言って、
カプセルを渡した。

これが青酸ソーダだった。

青酸ソーダは、
子供の頃母が愛に渡したものだった。

春日俊介の意識が戻ったため、
殺人未遂で送検。


【被害者】 春日俊介:平岡拓真(ひらおか たくま:1998年2月19日生まれ。映画「中学生円山」の円山克也役。)

沢本の授業中に青酸ソーダを服用し、
意識不明に陥る。

授業中に倒れたのは芝居だった。

沢本愛のことを慕っていて、
別れ話を切り出された時には逆上していた。

病院で意識を取り戻した後も、
沢本のために話をしようとしない。


春日愛:森尾由美(もりお ゆみ:1966年6月8日生まれ。娘2人の母。アメリカ在住。女優というよりかわいいタレントとしてのイメージが強い)

春日俊輔の母。

沢本愛が前科者の子供と知り、
執拗に息子のクラスの担任を降りるように迫っていた。


今回の取調べも、
迫力がありました!

特に矢田亜希子さん演じる沢本愛は、
本当に存在するかのようでした。

矢田亜希子さんって、
演技がうまかったんだなあ・・
としみじみ思ってしまいました。

大杉蓮さん演じる「善さん」と
天海祐希さん演じる「真壁」の
打ち合せ通り事が運んでよかったです。



緊急取調室2ロゴ画像



第5話 記憶をなくした男


【犯人】 水越辰也:塚本高史(つかもと たかし:1982年10月27日生まれ。出演作は「木更津キャッツアイ」など多数。愛妻家で好きな料理はと聞かれ「妻の料理」と即答していた。(たぶんあさイチで) )

通勤時間帯のオフィス街にいた血を浴びた男。
包丁を持っていて人を殺したかもしれないと言う。

水越は記憶喪失を装っていました。

理由は、
水越が働く旅行会社が、
ブラック企業であることを世間に知らしめるためでした。

新入社員全員が会社を辞めようと算段していたことから、
ヒーローになりたかったからです。


水越は、
社長に直談判をしようとヨットクラブへ行きましたが、
クラブから門前払いされ、
社長に会えずじまい。


その直後喧嘩を見かけ、
刺されている人を見て、
世間が話題になるような話をでっち上げたのです。


結局水越が放置したせいで、
刺された人は亡くなりました。


刺した人も確保されました。


水越の犯行は、
自分がヒーローになりたいだけの
自分勝手な行動だったということです。

銃刀法違反、
犯人隠避罪、
威計業務妨害罪
で再逮捕されました。



福永絵梨:入山杏奈(いりやま あんな:1995年12月3日生まれ。AKB48のメンバー)
水越の会社の新入社員。

新入社員仲間と辞職の相談をしていた時に、
水越が、
「俺が必ず助ける。
みんなを笑顔にする」
と言ったと証言しました。


この回は、
とっても皮肉ですよね。


巨悪の根源は、
旅行会社の社長なのです!


結局
ヒーローになりたい勘違い男によって、
会社にメスは入りました。


ですが、
人の命が失われる最悪の事態になりました。


もっとよく考えるべきだったのでしょう。。

チャラ過ぎた??


それにしても、
塚本高史さんの演技は、
上手過ぎて、
むちゃくちゃ腹が立ちました!


人をいらだたせる演技をさせたら、
日本一かもしれない。


第6話 騙された女


【被害者】 大谷雅美:阿南敦子(あなみ あつこ:1970年12月16日生まれ。演劇集団「TEAM 6g」主宰)

銀行員で
「もうやめて!」と叫び、
自宅マンションのベランダから転落死した。



【犯人】 茂手木恭子:鶴田真由(つるた まゆ:1970年4月25日生まれ。夫は現代美術家の中山ダイスケ。)

雅美の通っていたネイルサロンのネイリスト。

過去に顧客2人が、
恭子にお金を融通した後、
自ら命を絶っていた。


この顧客たちの共通点は、
それぞれが、
茂手木京子にお金を融通していたことだった。


また、
過去に亡くなった顧客と、
今回転落死した大谷雅美の亡くなったのが、
それぞれ3年ごとの5月だった。


そこで、
茂手木京子が、
さろんの賃貸更新料を用立てるために、
顧客からお金を引き出していたと
仮説を立てた。


さらに、
茂手木京子が独立する前に、
勉強していたサロンの人から、
サロンの主任が失踪しているという話を聞いた。


そこで、
茂手木京子が、
資金繰りが苦しいのに、
家賃が高いそのサロンにこだわる理由を推察。


結局、
茂手木京子は、
一緒にサロンを経営しようと約束した男(主任)に
共同経営を断られ、
殺害し、
遺体をサロンの駐車場に隠していたことがわかった。


自殺教唆については、
悩んでいる女性につけ込み、
「もう楽になりましょう」と
言葉たくみに自殺に誘導していたことを
茂手木京子は吐露した。


ちなみに、
茂手木京子は、
サロンで女性たちが語った悩みで、
暗に脅しもかけていたようだった。


真壁有希子に対しても、
茂手木京子は、
自分の言う通りにしないと、
悩みを明らかにすると脅した。


その悩みとは、
管理官を愛している
ということだった・・・


これについては、
真壁有希子が
茂手木京子の手の内を探るために、
使ったネタだった。。。


第7話 女の敵は女 


【被害者】 立花理香:上野なつひ(うえの なつひ:1985年7月13日生まれ。東京都武蔵野市出身。2001年活動開始。2002年ファイブスターガール。草彅剛さんと噂あり)


通販会社の敏腕課長。
女子更衣室で遺体となって見つかる。



【犯人】 佐々木かずえ:田中美奈子(たなか みなこ:1967年9月12日生まれ。千葉県船橋市出身。1984年ミスマガジン準グランプリ。美脚のアイドルだった)


通販会社のパート従業員。


森本愛美が、
パートの従業員でクビになるのは自分だと思い、
立花理香に辞めさせないで欲しいと直談判に行った。

明確な返事をしない立花理香を
森本愛美は突き飛ばして壁にぶつけてしまい、
動かなくなってしまう。


外で待っていた佐々木かずえは、
うろたえて部屋から出てきた森本愛美と
磯部聡子をその場において、
立花理香の様子を1人で見に行く。


目を覚ました立花理香に、
クビにしようと思っているのはあなただと
言われた佐々木かずえは、
立花理香の口をふさいで窒息させた。


それを隠蔽するために、
森本愛美の犯行を隠すためだと言って、
アリバイ工作をした。



【共犯】 磯部聡子:阿知波悟美((あちわ さとみ:1959年5月16日生まれ。北海道出身。重要な脇役として多数に作品に出演)


通販会社のパート従業員。


森本愛美が立花理香の命を奪ったと信じ、
アリバイ工作に加担した。



【共犯】 森本愛美:西原亜希(にしはら あき:1987年8月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。)


通販会社のパート従業員。


夫が失業中で子どもが3人いるため、
クビにされると生活できなくなると
切羽詰まっていた。

そこで立花理香に辞めさせないで欲しいと
直談判に行き、
辞めさせないという言葉を言わない立花理香を
突き飛ばして壁に激突させてしまう。

自分が立花理香の命を奪ったと信じていた。



野々村真一:久ヶ沢徹(くがさわ とおる:1962年8月27日生まれ。福井県敦賀市出身。劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属)


通販会社部長。
立花理香と望ましくない関係がありそう。


ところで、
この回では、
磐城刑事部長が梶山管理官に、
人事異動があることをにおわせていました。


また
キントリメンバーが全員帰宅した後の
キントリの部屋に磐城刑事部長が来て、
真壁の椅子を蹴飛ばしていました。


しかも先週真壁がなくしたボールペンを持っていました。


磐城刑事部長は、
真壁に何か恨みがあるようですが・・

何なのでしょうか?


第8話 喪服を着る男


池田肇:清水優(しみず ゆたか:1985年2月5日生まれ。神奈川県出身。逃げ恥に星怜二として出演 )


夜間警備をしていた警察官。

2人組の喪服を着た男に襲われ、
拳銃を奪われる。


後に、
5年前の放火殺人事件の犯人を
連行した警察官であったことがわかる。


喪服を着た2人組の1人
【犯人】 久保寺圭:鶴見辰吾(つるみ しんご:1964年12月29日生まれ。3年B組金八先生の中学生役で注目される。出演作品多数。)

現行犯で捕まったが、
完全黙秘。

5年前の放火殺人事件の被害者(母と娘みどり)の夫であり、
父であった。



滝沢史子:渡辺真起子(わたなべ まきこ:1968年9月14日生まれ。東京都出身。元ファッションモデル。河瀬直美監督の作品『殯の森』(もがり の もり)に出演)

弁護士。

警察官の池田の拳銃で撃たれた。

5年前の放火殺人事件の被害者の弁護士を引き受けた。


喪服を着た2人組の1人
【犯人】 峰岸充彦:眞島秀和(ましま ひでかず:1976年11月13日生まれ。1999年デビュー。2017年4月期のドラマ『CRISIS』にも出演。)

峰岸ケンタの父。

拳銃を奪った犯人の1人。

弁護士と沢渡捜査一課長を撃った。

沢渡捜査一課長は、
ケンタの取調べを行っていた。


また、磐城刑事部長をかばった真壁有希子も撃った。


峰岸充彦は、
息子ケンタの無実を信じ、
息子の冤罪の証拠をつかんだらしい。


その証拠を警視庁に持っていくが一蹴されてしまう。


一蹴した相手が、
磐城刑事部長だった。



峰岸ケンタ:寺坂尚呂己(てらさか ひろき:1996年12月2日生まれ。NHK Eテレ『ビットワールド』に出演) 

5年前の放火殺人事件の犯人とされた高校生。
留置場で自ら命を絶った。



久保寺みどり:矢野優花(やの ゆうか:1998年1月6日生まれ。手裏剣ニンニンジャーのシロニンジャー役)



カミキ シンジロウ:水上剣星(みかみ けんせい:1984年4月2日生まれ。2009年デビュー。妻は女優の野波麻帆)

久保寺みどりの家庭教師だった。

なんか怪しい。。。


第9話・最終回:父ふたり



第9回の続き。


久保寺の取調べを
峰岸に撃たれた真壁が担当。


久保寺がカミキを狙っていることを聞き出す。


カミキはロサンジェルスで弁護士をしており、
アメリカに戻ろうとしたが、
峰岸に命を狙われているということで、
警察に保護した。


カミキはとても横柄な態度。


警察がカミキを保護するために
緊急配備をしいており、
峰岸を確保した。


しかし、
峰岸は拳銃を持っていなかった。


そこで、
それを聞き出すために、
キントリが取調べを行った。


峰岸が息子が犯人ではないと思ったのは、
久保寺の家に火をつけたガソリンが入っていた
ポリタンクの上に
ケンタの手袋が置いてあったからだった。


ケンタは受験のお守りの手袋を
そんなことに使うことはあり得ないと
ケンタの無実を信じていた。


また、
ケンタの手袋をポリタンクに置く
カミキを目撃した人も見つけていた。


久保寺は、
峰岸から事件の真相を確かめたいと
もちかけられ、
妻の携帯電話のメールを見て、
カミキが家のお金を盗んでいたことを知った。


また、
妻が、
カミキを辞めさせたがっていたことを、
思い出した。


峰岸と久保寺は、
調べた真実を下に、
警察や弁護士に再捜査を依頼したが、
ことごとく断られた。


それで、
峰岸は自分でカミキに復讐しようとして、
拳銃を強奪することを思い立ったのだった。



5年前の久保寺の妻と娘の犯人は、
カミキだった。

久保寺の家で盗みを働いていたカミキと
スキーから早く帰宅した久保寺の妻と娘は
鉢合わせしてしまい、
殺されてしまったのだった。


弁護士の滝沢は、
カミキが遊ぶために、
久保寺家から金を盗んでいたことを
知っていたのに、
警察に言うことは無かった。


取調べで、
峰岸は久保寺をかばうために、
自分が久保寺を利用したのだと告白した。


久保寺は、
それを否定した。


弁護士の滝沢が
カミキが久保寺家のお金を盗んでいたことを
告白したため、
カミキは確保された。


そしてキントリの取調べが始まる・・

ところで、
キントリを再編させようとしていた
磐城刑事部長は、
再編を止めたみたいだ。。

また、
真壁憎さに噛み付いたボールペンを
梶山管理官に返した。

梶山管理官は、
真壁に夫の墓参りに
行っていいかと尋ねた。

理由は秘密・・


もしかして、
真壁とロマンス??

これで、
2017年4月度の
緊急取調室シーズン2は終了しました!

おもしろかった!


スポンサーリンク



犯人役の女優や俳優


ゲストはどなたも実力者ですが、
とくに犯人役は取調室での対決があるので、
厳選された俳優さんが選ばれています!


初回の三田佳子さんは、
本当にすごかったです。

細かい表情の動きが、
さすがとしか言えない!!

弱々しいかと思えば、
時折見せる邪悪な顔は、
ぞっとしました!

今後のゲストも多いに期待できますね!

ところで、
このドラマ『緊急取調室』は、
アメリカのドラマ『クローザー』に
設定がすごく似ています。

『クローザー』も冴えないように見える
おじさん刑事が、
ものすごく有能でした。


⇒ Amazon:クローザーページ


とても好きなドラマだったので、
機会があったらぜひ見てください!


『緊急取調室』のキャストについて記事を書いています〜

関連記事: 緊急取調室2014と2017のキャスト変更を調査!子役は?杉咲花は?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。