阿武咲の読み方や由来は?父親や母や弟は?家族が気になる!




阿武咲関は、
2017年夏場所に新入幕し、
敢闘賞を獲得しました。

阿武松部屋の所属の力士です。

阿武咲って、
どんな風に読むのでしょうか?

読み方や由来も気になります〜

どんな思いが込められているのでしょうか?

また、
阿武咲関の家族も
気になります!

父親や母親、
そして兄弟についても、
知りたいです。

スポンサーリンク



阿武咲の読み方と由来


阿武咲は、
「おうのしょう」
と読みます。


これは知らなかったら読めないですね。



阿武咲画像




阿武咲の四股名の由来は、
師匠の阿武松(おうのまつ)親方から
「阿武」をもらいました。

さらに地元の恩師の
中泊道場監督の小山内誠さんの
「土俵の上で花が咲くように」
という願いが込められて
「咲」という字がついています。


参考⇒ 阿武咲ツイッター:恩師



ちなみに、
阿武松は、
江戸時代の横綱で、
萩藩のお抱え力士でした。

四股名の「阿武松」は、
萩にある風光明媚な場所「阿武の松原」
に由来しています。


初代阿武松は、
優しくて、
義理堅い人だったそうです。


とても人気ものだったようです!


なお、
阿武松は、
止め名扱いになっています。


現在では、
年寄名跡を四股名にすることが
できないません。


それが止め名扱いになっている
大きな理由です。


止め名とは、
永久欠番のようなものです。

スポンサーリンク



阿武咲の父親・母親・弟


お相撲さんの家族って、
なにかと話題になりますよね。


阿武咲関も敢闘賞をとったので、
家族の話題が出ているかと思ったのですが、
父母については、
全然ありませんでした。


阿武咲関が相撲に入るきっかけになったのは、
祖父の清範さんが、
中泊道場に連れて行ったからでした。


まだ阿武咲関が、
小学校前だったそうです。


祖父の清範さんは、
阿武咲関が小学校5年生の時に
他界しています。


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


さて、
阿武咲関は、
1996年7月4日生まれです。

ちなみに、
阿武咲奎也(おうのしょう ふみや)が
相撲取りのときの名前です。

本名は、
打越奎也(うてつ ふみや)さん。

本名も読み方が難しいですね。。。

名前の「奎」は、
「けい」と読みます。

意味は、次の通りです。

二十八宿の一つ。
西方にあり、
アンドロメダ座から魚座にまたがる一六星のこと。
とかきぼし。
文章を司る神。

※ 二十八宿とは、
月が地球を一周するあいだに通過する
28の星座のこと。

また、
胴から足が分かれている所。
という意味もあるとのことでした。

なじみの無い漢字だったので、
意味を調べても、
しっくり来ませんでした・・

これから徐々に
頭の中に馴染んでいくと思います。



最後に、
阿武咲関の弟についてです。


阿武咲関の弟は、
ツイッターで紹介されていました。

⇒ 阿武咲ツイッター:弟


2016年に1歳でした!


20歳年下の弟ということになるのかな?


最近ではちょっと珍しいですね。







弟さんのことを考えると、
阿武咲関のお母さんは、
とても若くして奎也さんを生んだのではないかなと
推測されます。


お相撲さんって、
赤ちゃんが似合いますよね!

お相撲さんにだっこされた赤ちゃんは、
健康に育つと言われてます。


お兄さんにだっこされるなんて、
なんかとってもほのぼのしてて、
うれしくなります。


阿武咲関は、
18歳で十両になりましたが、
その後幕下に転落しています。


そこから再起しての敢闘賞獲得!!


今後もどんどん勝っていって欲しいです。

ファンになってしまいました!


関連記事: 大奄美の経歴や出身地は?読み方や部屋は?彼女が気になる!

スポンサーリンク





最新情報をチェックしよう!