井桁良樹の店は?経歴や出身調理学校が気になる!中華四川料理


井桁良樹さんは、
中華の四川料理のシェフです。

NHK朝の情報番組『あさイチ!』の
「スーパー3シェフネオ」でもお馴染みでした。

もの静かで、
穏やかなたたずまいの方ですよね。

井桁良樹さんの店の名前は、
「老四川 飄香」(ラオシセン ピャオシャン)です。

憧れの店です!

井桁さん自身も、
とてもステキな方なので、
経歴など調べてしまいました。

また料理人としてのスタートとも言える
調理学校も調べてしまいました!

スポンサーリンク

井桁良樹の経歴や調理学校

 

井桁良樹さんは、1971年に生まれました。

出身地は千葉県です。

井桁良樹画像

井桁さんは小さいときから、
料理番組を見るのが好きだったそうです。

小学校4年生の時には、
学校の文集に将来の夢を
「野球選手かコック」
と書いていました。

生まれながらの才能って、
やっぱりあるのですね。

<料理人人生のスタート>

高校に入学すると、
中華料理屋さんで
バイトを始めました。

その店で
まかないで出されたホイコウロウが、
井桁さんが中華を目指すきっかけとなりました。

甘味噌の炒め物なのに、
深い味わいだったそうです。

そのお店はどこなのかはわかりませんでした。

そして、
満を持して
高校を卒業後、
「千葉調理師専門学校」
に進学します。

<働き始めと転機>

調理学校で学んだ期間は、
1年間でした。

そんな中、
講師で来ていた斎藤文夫さんのお店で、
8年間働きました。

斎藤文夫さんは四川飯店で修行し、
ご自分のお店を出された
中華の名人だったそうです。

残念ながら、
斎藤文夫さんのお店については、
見つけることが出来ませんでした。

さて、
斎藤文夫さんのお店で働いている間に、
どうしても働きたい店があり、
斎藤さんのお店を辞めることにしました。

その時に斎藤さんは、
井桁さんの行きたいお店に
紹介状まで書いてくれたそうです。

井桁さんが行きたかった店は、
柏市にある「知味斎」でした。

この店は、
店で使う野菜を自分の畑で作っていました。

また、
中国人の料理人も大勢いました。

そこに惹かれたそうです。

参考⇒ 知味斎:公式サイト

『知味斎』で前菜をまかされたため、
メニューを作るために、
中国料理の専門書を読んだり、
より勉強するように勉強するようになりました。

そこで本物の中華料理を作りたいと考えるようになってきました。

そして、中国へ料理の勉強に行きます。

2000年、29歳のときでした。

 

<中国修行時代>

1年間は上海で働き、
次の1年は四川省成都にある「四川料理店」で修業しました。

この修行の時に、
井桁さんはお金を払って教えてもらっていたそうです。

お給料は一切もらいませんでした。

すごいですよね。

学ぶのだという
目的がはっきりしていると思います。

働くのではなく学ぶ・・

なので、
お金がなくなり日本に戻ることになりました。

300万円持っていったそうですが、
残7万円になってしまったそうです。

 

<人気店へ>

日本に戻ったあとは、
自分のお店を開くために、
ホテルで働き、
バイトまでしてお金を貯めました。

そして、
2005年4月に代々木上原に
「老四川 飄香」(ラオシセン ピャオシャン)
を開業!

瞬く間に人気店になりました。

現在は、
麻布十番と銀座三越にお店があります〜

中国料理にかける並々ならぬ情熱が、
実を結んだということですよね。

真摯な姿勢に、
ただ感動するばかりです!

 

スポンサーリンク

井桁良樹のお店

 

前述していますが、井桁良樹さんお店は、麻布十番と銀座三越の12階にあります。

それぞれリンクを貼っておきます。

ネット上で予約もできるようなので、便利ですね。

ランチは1500円〜あるようなので、
これならうちでも手が届くかな・・と思いました。

● 老四川 飄香 麻布十番本店
(ラオシセン ピャオシャン)

⇒ https://www.piao-xiang.com/

● 中國菜 老四川 ピャオシャン
(チュウゴクサイ ラオシセン ピャオシャン)

⇒ https://www.ginzadining.com/restaurant/detail/piao-xiang/index.html

どちらも井桁さんの想いが詰まったお店です。

ぜひ行ってみたいです!

関連記事: 秋元さくらのプロフィールや年齢は?夫や子供が気になる!出産後もすぐ復帰!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!